COCET事務局

トップ > 論文発表

論文発表


『研究論集』投稿料の振込みについて

お陰様で、本年度の『研究論集』の査読も無事に終了致しました。掲載が決定した皆様には、下記に沿って投稿料のお振込みをお願い致します。なお、『研究論集』の発送は、3月20日過ぎを予定しております。
               


・投稿料は1万円で、その中には抜き刷り10部分が含まれています。
・10部を超えて抜き刷りを希望される方は、10冊単位@1620円×希望単位数で
 承ります。事務局宛にメールで連絡の上、下記にお振込み下さい。
・振込先は以下の通りです。(COCET HPにも記載されています。)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.郵便振替の場合(郵便局備え付けの振替用紙をご利用ください)
記号番号:02210-8-140026    
加入者名:全国高等専門学校英語教育学会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2.銀行から振り込む場合
ゆうちょ銀行 二二九(ニニキュウ)店 (229)
当座預金: 0140026
口座名義:全国高等専門学校英語教育学会
(ゼンコクコウトウセンモンガツコウエイゴキヨウイクガツカイ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・締め切り:2017年2月15日(水)

ご不明の点がおありの際は、事務局宛てにお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。




研究論集編集規定

1 研究論集への投稿論文は、本会の全国大会にて発表されたものとする。

2 原稿は「論集執筆要綱」に従って作成すること。

3 原稿は原則としてワープロ等で作成した電子ファイルを11月20日までに本会事務局あてに提出する。ただし、電子ファイルに埋め込むことのできない図表等を含む場合は紙媒体で提出するものとし、原本1部、写し3部を期日までに事務局あて郵送する。

4 投稿原稿は編集委員会の審査により掲載の可否が決定される。なお、修正のため再提出を求められることがある。

5 論文掲載費は抜刷10部を含め、一編につき10,000円とする。編集委員会にて採用決定の段階で本会事務局に納入する。

論集執筆要綱

1 原稿はA4用紙を使用し、アブストラクト・図表・資料・参考文献など全てを含めて10頁以内を厳守すること。

2 原稿は上下左右にそれぞれ30mmの余白をとること。字体は、和文の場合はMS明朝(もしくは平成明朝)、英文の場合はCenturyとする。字体のポイント数は和文・英文どちらも10.5ポイントとする。1ページの字数は、和文の場合は44文字38行,英文の場合は88文字38行とする。

3 和文論文については、題名、執筆者氏名は以下のように記すこと。
  ①題名を一行目から始め、センタリングする。
  ②執筆者氏名は題名から一行空けて記し、センタリングする。
  ③執筆者氏名から一行空けて、英語にて、題名、さらに一行空けて執筆者氏名をつける。なお、英語での氏名表記はTANAKA Taroとする。

4 英文執筆者氏名から一行空け、100語程度のアブストラクトを付けること。この際、“Abstract”と左詰めで記し、改行してアブストラクト本文を始める(5文字インデント)

5 論文本文をアブストラクト本文から一行空けて始める。なお、英文のインデントは5字分とする。

6 英語論文の場合は、米国現代語学文学協会編 原田啓一訳『MLA新英語論文の手引』(北星堂)を参考にすること。

7 和文論文の参考文献(引用文献)の書き方は、以下の方式を基準とする。
  ① 書物の場合:著者名 出版年.『タイトル』出版社.
  ② 論文の場合:筆者名 出版年.「タイトル」『書物のタイトル』出版社.

8 ブロック引用する場合は
  ①英文の場合は10字分下げ、和文の場合は3字分下げる。
  ②本文と引用部分との間は一行ずつ空けること。続けてブロック引用する場合は、それぞれの引用と引用との間を一行ずつ空けること。

9 注は脚注でなく、尾注とする。

10 勤務校は本文の終わりに(○○高等専門学校)と付記すること。

11 頁数は表面には印字せず、原稿の裏面に鉛筆で記入すること。

(この規定は平成16年8月21日より適用する)
平成21年9月13日一部改訂
平成23年9月3日一部改訂
平成28年9月2日一部改訂